介護福祉士とは

今、時代の流れにより介護が必要な人が増えてきていることによって、ますますそのニーズが拡大しつつある資格が介護福祉士というものです。それでは、この介護福祉士とは、具体的にどういった資格となっているのでしょうか。
介護福祉士とは、介護福祉法に基づいた名称独占の資格のことを言います。
社会福祉士は、専門知識と技術をもってして、精神上や身体上に障害のあることによって日常生活を過ごすことに支障のある人に対しての食事や入浴、それに排泄などに関する介護を行い、介護に対する指導も行うと言った国家資格になります。
現在、この社会福祉士の資格登録者数は100万人くらいとなっています。
この名称独占の資格というのは介護福祉士の資格を持っている人だけが、この名前を名乗ることが出来ると言ったものです。また、資格がないとしても職に就くことは原則として可能となっているのですが、名乗ることに関しては資格が無くてはいけません。
これに対して、医師や看護師といったものは資格が無くてはその仕事もすることが出来ないといった業務独占の資格となっています。

▼おすすめのサイト

フロムエーナビの情報を掲載でチェックしよう
引用元: http://www.froma-kyujin.com/
フロムエーナビの掲載申し込みサイトです。掲載料金や価格、広告サイズなど掲載までの流れを説明しております。はじめてキャンペーン実施中!専用ダイヤル0120-368-362
買い物するなら楽天
http://www.rakuten.co.jp/
twitter
https://twitter.com/

最新記事

  • 介護福祉士になるためには、まずは介護福祉士の国家資格を取る必要があります。 この介護福祉士になるためには、まず …

    受験資格

  • 介護福祉士の心構えというものがあります。 介護をする人に対しての尊厳を忘れないようにしましょう。介護が必要な人 …

    介護福祉士になるためには

  • 介護福祉士の専門性について考えてみましょう。 介護福祉士の専門性が生かされているとされる業務には、主に身辺介護 …

    専門性は